サプリメントにはどんな種類があるの?

サプリメントの種類について

サプリメントは薬ではありませんので即効性は期待できませんが、毎日続けて摂るとゆっくりと変化を実感できるようになります。

含まれる成分によって作用は異なりますので、自分の欲する作用が得られる成分の含まれたサプリメントを利用することが大切です。

サプリメントと健康食品の違いってなに?

サプリメントの種類の話に入る前に、健康食品とサプリの違いについてお話しておきます。

実は、両者の明確な定義というのは存在しておらず、サプリメントは広い意味で健康食品のカテゴリーに含まれます。

健康食品は色々な種類があり、その形状も様々です。飲料タイプのもの、ゼリー状のもの、固形のもの、錠剤タイプのものなどがあげられますが、サプリメントは主に錠剤タイプのものを指しています。

また、健康食品には先ほどもお伝えした通り法律上の定義はありませんが、国が定めた安全性や有効性に関する基準を満たしているかどうかについては、厚生労働省がその区分を公開しています。

健康食品のホームページ|厚生労働省

同じような効果を効果をうたっているサプリでも、こういった機能的な点や認可の有無といった区別で別のカテゴリーの商品として扱われるということです。

なお、サプリメントは主な成分によって区分されることが多く、また商品名の一部になっているケースもあります。

種類別のサプリメントの選び方の参考:サプリマガジン|目的別に検索出来る!自分にあったサプリの選び方

では、ここからは目的別のサプリメントの種類と選び方についてお伝えしていきます。

美肌作りに向いているサプリメントの成分とは?

美肌作りに効く種類として、コエンザイムQ10やヒアルロン酸、コラーゲン、プラセンタは非常に有名です。コエンザイムQ10には優れた抗酸化作用がありますので細胞の錆びつきを抑えることができます。

体内のエネルギーの産生に関わる補酵素ですので、補うことでエネルギーの燃焼効率をアップさせてダイエットにも効果的です。冷え性を改善して質の良い眠りを与えてくれるのも特徴的です。

ヒアルロン酸はアンチエイジングの代名詞にもなっていて、元々体内に存在するものです。しかし、加齢と共に少しずつ減っていきますので、足りなくなった分は補わなければなりません。

体内での量は20~25歳頃がピークであり、その後は徐々に減っていきます。そして40歳代に入ると急激に減少していきますので肌のハリが失われます。

サプリメントで取り入れると吸収されやすいので、効率の良い肌対策が行えます。ヒアルロン酸の水分を保持しておく能力は非常に高いので、肌中の量が増えれば乾燥を防ぐことができますし、乾燥から引き起こされる小じわなども予防可能です。

コラーゲンは潤いのある肌作りには必須の成分

肌の真皮層に存在し、ヒアルロン酸と共に潤いのある肌を作っているのがコラーゲンです。コラーゲンはドリンクとしてもよく売られており、サプリメントにも多くの種類があります。

摂取することで真皮の潤いを適度に保つことができ、結びつける働きが強化されますので、ハリが蘇って弾力も増します。

シワやたるみを改善したい時に取り入れたい成分であり、このコラーゲン同士を結び付けているのがヒアルロン酸です。

また、肌のターンオーバーを促す働きもありますので、古い細胞が排出されて瑞々しい細胞が増えます。その結果、シミやくすみなども改善されて透明感のある肌を実現できます。

エイジングケアが目的ならプラセンタが含まれているかも確認して!

プラセンタもアンチエイジング対策でよく用いられています。プラセンタは化粧品にも含まれる成分であり、豚や馬の胎盤から抽出されたものが利用されています。

プラセンタには細胞分裂を促す作用がありますので、代謝の衰えた肌を再び活性化させることができます。

角質が硬くなってボロボロになっていても、生まれ変わりを促進させることで美しい肌へと変えていくことができます。

サプリメントの種類まとめ

いかがでしたでしょうか?

サプリメントと一口に言っても、健康面を重視したものから美容面を重視したものまで、様々な種類があることがわかったと思います。

また、ドラッグストアで手軽に購入できるサプリメントもあれば通販限定の商品もありますので、店頭で見つけることができない場合はネットで探してみるのも一つの方法です。

そして最近は機能性表示食品というカテゴリーに属するサプリメントも多くなって来ています。

同じような成分が含まれていても価格帯はかなり広くなっていますので、毎月の予算と相談しながら自分の目的に合ったサプリを摂取するようにしてください。

Comments are closed.