一般のサプリと機能性表示食品の違い

一般の健康食品と機能性表示食品の違い

一般的なサプリメントは、医薬品と違って効能を謳ったり、効果を表示出来ないのが特徴です。健康食品とも呼ばれますから、一般のサプリメントは食品に分類される一種で、補助的に摂取する物だと考えることが出来ます。

一方、機能性表示食品はこれと異なる分類で、食品という共通点はあるものの、機能性を表示出来る点が最大の違いです。

科学的な根拠を元に出されたデータで認められたものが機能性表示食品

機能性とは、摂取した物が体の中でどのように働いて作用するか、これを科学的な根拠に基づき導き出されたものを指します。具体的には、糖や脂肪の吸収を穏やかにする、あるいはお腹の調子を整えるといった内容です。

根拠に基づく必要はありますが、機能性表示食品で機能性が謳えるようになると、商品を販売するメーカーにとってはメリットに変わるでしょう。

これは画期的で、機能性の表示が許されない一般サプリメントや健康食品とは違い、消費者が安心して選べる切っ掛けにもなります。

ただ、表示はあくまでも製造販売者の責任によるので、第三者が客観的に効能を認めている物とは違うと知ることが大切です。

機能性表示食品でなくても実は効果が確認されているサプリも多数ある

しかし、健康食品が普及して当たり前になったことで、商品全体の品質は上がり、製造者には更に質を高める研究が行える程の余裕が生まれています。

健康食品の縛りで公表出来なくても、実は研究によって効果が確認されている、案外このような商品は少なくないかもしれません。

機能性表示食品とは、機能性の公表が許された商品の分類で、成分表示以外が行えない一般サプリメントとは異なって、健康食品の一歩先を進んでいます。商品を販売する企業は、機能性の他に安全性に関する資料の提出義務もあります。

ですから、消費者は商品の安全性を前提として、表示される機能性にも期待して選ぶことが可能です。

サプリメントや飲料の種別が細かく分類されすぎているという複雑な現状

いわゆる食品と医薬品の間には、特保や栄養機能食品などの分類が存在します。機能性表示食品は機能性の表示が可能で、表示の責任の全ては製造販売を行う事業者にあります。

認められている成分は、定量や定性、作用機序が明確になっている物だけです。販売出来る形状は、生鮮食品に加工食品、それにタブレットや粉末形状でも良いことになっています。

つまり、機能性の表示が認められているか否かを除けば、一般的なサプリメントと機能性表示食品の差は縮まります。それでもこの違いは大きく、例えば2つの商品に機能性表示の有無がある場合、消費者に選ばれる割合には差が生じるでしょう。

消費者は商品に安全性を求め、期待する機能が発揮されることを希望しますから、表示があるのとないので説得力が異なるのは当然です。機能性の表示は訴求力に結び付くので、表示の許可を目指す製造販売者は少なくないと考えられます。

This entry was posted in サプリ選びの基本. Bookmark the <a href="http://www.chingchingblingbling.com/11/" title="Permalink to 一般のサプリと機能性表示食品の違い" rel="bookmark">permalink</a>.

Comments are closed.