サプリメントはやっぱり国産のほうがいいの?

サプリメントは国産の方が良いの?

サプリメントは国産のほうがよいとする考えは、価値観や目的ごとに変わります。

この中には柔軟な考えがある一方で、無条件で外国産は駄目と考える場合もあり、多様化する状況になっています。実際には両方にメリットがある一方で、デメリットもあるのは確かですから、慎重に選ぶことが欠かせません。

安全性の基準も人によって様々という現実がある

食べ物は地産地消のほうがよいとする場合には、海外からの原料を敬遠することがあります。日本から遠く離れた場所で生産される原料は、サプリメントを利用する人にとっては未知の存在になることが珍しくありません。

生産者の名前だけでなく、栽培地の土壌や気候も全く分からないようでは、不安になることが多いはずです。

こうした問題を最初から解決するために、コストが高くなっても国内で全ての原料を調達するメーカーを選ぶのも賢い方法です。

一定の安全性が確保されていれば大丈夫だと考える人は、海外産のサプリメントを使うことに魅力を感じることでしょう。

国産よりも値段が安く、実際に利用している人の数も多くなれば、心から信頼できるようになります。細かいことを気にするよりも、目先の健康を重視したい人にとっても使いやすくなります。

国産であれば何でも良いというわけではない

国産というだけで有難がるようになると、ブランド物を珍重する場合と同様になってしまうことがあります。

これは全ての食品でも同様ですが、海外メーカーのほうが真っ当な作り方をしている場合には、本家の実力を上回ってしまうことがあるわけです。

そのため、権威ある名前やブランドだけで喜ぶことはせずに、本当の品質を見極めて購入することも大事ではないでしょうか。

ブランドよりも本当の品質を重視する人にとっては、生産地よりも大事なことが分かるため、平等に評価することが可能になります。

サプリメントの安全基準は国ごとに違いがある

サプリメントとしての安全性や品質を評価する基準は、国ごとに違いがあります。製品には認証機関の名前が記載されて、品質が確かなことを謳っていることも多いのですが、これも問題の一因になっています。

日本の場合には健康補助食品には特別なマークが表示されるため、安全性が公的に認められる仕組みが構築されています。

海外に関しては、日本人とは生活様式が異なり、安全性に関する考え方も全く一緒ではありません。安全基準も日本とは同一ではないため、慎重な人が海外産を求めるには相当な勇気が必要になることでしょう。

原料の植物を中国や南米などで生産する場合でも、日本のメーカーが主導して作っているサプリメントであれば、国産と同様の安全性が確保される場合があります。

This entry was posted in サプリ選びの基本. Bookmark the <a href="http://www.chingchingblingbling.com/18/" title="Permalink to サプリメントはやっぱり国産のほうがいいの?" rel="bookmark">permalink</a>.

Comments are closed.