サプリメントに副作用の心配はない?

サプリメントに副作用のリスクはあるのか?

サプリメントに副作用の心配はないのかは気になるところかもしれません。確かに、サプリは薬ではありませんから、薬で起こるようなものという意味での副作用はないかもしれません。

しかし、思ったとおりの効き目が現れず、代わりに何か自分にとって良くないことが起こるかもしれないとか、あるいは思ったとおりの効き目は現れたけれども、それと併せて自分にとって何か良くない症状が現れるかもしれないという意味では、サプリにも副作用の可能性は十分にあります。

というか、これは何もいわゆるサプリメントに限った話ではありません。

推奨される摂取方法から大きく逸脱すると一般食品でもリスクはある

一般的に食品のカテゴリに含まれるものであっても、人によっては、あるいは不適切な摂取の仕方をしたりすれば、何か都合の悪いことが起きることは十分にあり得るのです。

単純な例で申し訳ないくらいですが、アイスクリームを何カップも何カップも、お腹一杯食べたとしましょう。腹痛や下痢を起こすことは十分に考えられます。それは当たり前で、そんな誰が考えても不適切な食べ方をしたら問題が起きるのは当たり前だと片付けられるかもしれませんが、そのときの体調によっては一人前のアイスクリームでも腹痛や下痢を起こすことはあり得るでしょう。

このように、一般的な食品であっても何かの問題を起こすことはあり得るわけで、それはサプリであっても逃れることはできません。

ということで、これは薬ではないから絶対に安全などと思ってはいけません。何かいつもと体調に変わったことはないかというのは、飲み始めてすぐのときには気にしておいたほうがよいでしょう。

1日のサプリの摂取量は必ず守り、飲みすぎないように気をつけましょう

また、サプリには標準的な摂取量というものが決められているはずです。この摂取量は必ず守るようにしましょう。

場合によっては摂取量には幅を持たせて書いている場合もあるでしょうから、その幅の範囲内であれば自分で調整するのはもちろん構いません。

しかし、どんなサプリメントであっても、飲めば飲むほど効くというようなものではありません。

ある一定のラインを越えて飲んでも、効き目は頭打ちになってしまってほとんど変わらず、代わりに副作用の可能性だけがどんどんと増加してしまうということになるからです。用法用量は必ず守るようにするべきです。

また、病院などで、いま何かお薬を飲んでいませんかというように聞かれることもあるでしょうが、このときにはサプリメントも含めて伝えるようにしましょう。サプリの種類によっては、薬の効き目に影響するものもあるからです。

 

このように、サプリメントそのものには副作用などのリスクは極めて低いと言えますが、過剰摂取をしたり、アレルギーなどを持っている方、飲み合わせ、薬の服用など、条件によっては副作用のような症状が出るケースもあるので十分注意が必要です。

特にアレルギーや病気などを抱えている場合は、飲み始める前に医師へ確認を取った方が良いでしょう。

This entry was posted in サプリ選びの基本. Bookmark the <a href="http://www.chingchingblingbling.com/8/" title="Permalink to サプリメントに副作用の心配はない?" rel="bookmark">permalink</a>.

Comments are closed.